香典を郵送する方法とマナー

葬儀の画像 葬儀の画像

葬儀の画像 葬儀の画像


●このページでは、香典を郵送する方法とマナーについてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク


 香典を郵送する方法とマナー


 訃報の知らせを受け、すぐにでも駆けつけなければならないとわかっていても、遠方に住んでいる場合や、出張や旅行などやむを得ない事情で、どうしても通夜や告別式に参列できない場合は、香典(香料)を郵送することもできます。

 香典は、本来通夜や葬儀に参列して手渡すのが礼儀ですが、どうしても参列できない場合もあります。そのような時には、まず弔電を送り、弔問に伺えないことへのお詫びとお悔やみの言葉を添えて、郵送で香典を送る手配をしましょう。

 香典に包むお金の金額と相場については、香典に包む金額の目安と相場のページをご覧ください。


○ 香典(香料)を郵送するには

 香典を郵送する場合は、香典を香典袋(不祝儀袋)に入れて、現金書留で喪主宛に郵送します。その際、丁重なお悔やみの言葉と、どうしても弔問に伺えない理由を簡潔に書いた手紙を同封しておきましょう。

 また、現金書留の封筒に入れる香典袋(不祝儀袋)には、必ず表書きをして、中袋にも同封した金額と自分の住所と氏名をフルネームで記入しておきましょう。

 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方詳細は、香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方のページをご覧ください。


ここがポイント!

 香典を郵送するときの宛先は、喪主宛が基本です。また、同封する手紙の便箋は色物や柄物を避け、上質の白い用紙を使います。文面や宛名の文字は、毛筆なら薄墨、それ以外はブルーブラックのインクを使うのがマナーです。

 そして手紙の最後は、”なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたのでご霊前にお供えいただきたく存じます”といった言葉を忘れずに書き添えておきましょう。

葬儀・弔問関連用品リンク

楽天市場の弔電の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(女性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(男性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の不祝儀袋(香典袋)の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の慶弔両用の袱紗(ふくさ)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 * * * 


 当サイトでは、葬儀弔問のルールやマナー、いざというときにもあわてない、それぞれの状況に応じた振る舞い方や対処法を、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


葬儀と弔問のルールとマナー総合ページリンク

葬儀と弔問の基本的なルールとマナー


 弔問のルールとマナー 通夜に出席するときのルールとマナー
 葬儀・告別式参列のルールとマナー 葬儀・告別式会場でのルールとマナー
 弔問時の服装とマナー

香典のルールとマナー
 香典のルールとマナー 香典袋(不祝儀袋)のマナーと基礎知識
 香典に包む金額の目安と相場 香典に新札を避けるマナーとその理由
 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方 香典を袱紗(ふくさ)に包む意味と包み方
 香典を郵送する方法とマナー

スポンサーリンク


ケース別葬儀と弔問のルールとマナー


 仏式の葬儀の流れとマナー 葬儀費用の相場とその内訳
 訃報を受けたときにまずやるべきこと ご近所でのご不幸の対応とマナー
 お悔やみの言葉のマナーと忌み言葉 故人との対面を勧められたときの作法
 弔問の代理出席(代理弔問)とマナー 遠方の親戚の訃報、葬儀の出席に迷うとき
 危篤の知らせを受けたとき 弔電文例集
 通夜に参列する時の女性の服装とマナー 弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方


葬儀と弔問関連用品一覧
 紳士用礼服・喪服一覧 婦人用礼服・喪服一覧
 弔事用数珠・念珠一覧 慶弔両用袱紗(ふくさ)一覧


葬儀と弔問のルールとマナーのトップページへ

プライバシー・ポリシー

Copyright(C) 葬儀と弔問のルールとマナー All rights reserved.

inserted by FC2 system