通夜に出席するときのルールとマナー

葬儀の画像 葬儀の画像

葬儀の画像 葬儀の画像


●このページでは、通夜(つや)に出席するときの知っておきたい基本的なルールとマナー、しきたりについてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク


 知っておきたい、通夜に出席するときのルールとマナー


 通夜振舞い(つやぶるまい)に招かれたとき

 通夜に参列すると、お坊さんが読経を終えた頃や、ご焼香が一段落した頃に、弔問に訪れた人を酒食でもてなす、通夜振舞い(つやぶるまい)という席に招かれることがあります。

 通夜振舞いは、故人の親族や親類縁者、故人と親しかった人たちがお酒や食事を共にしながら故人を偲ぶ席ですので、故人と親しい間柄でなければ辞退しても失礼にはあたりません。

 通夜振舞いを辞退する場合は、ご遺族や世話役の方に辞去の挨拶を述べて、目立たないように静かに退席しましょう。

 もし、喪主やご遺族から”お席を設けてありますので……”と重ねて勧められたときには、無理に遠慮せずにお受けして、たとえひと口でも食事に箸をつけたあと、タイミングを見計らって早めに辞去します。なお、辞去する際には、もう一度ご焼香をさせていただくことも忘れないようにしてください。

 ちなみに、通夜の後に行われる葬儀や告別式に参列できないことがすでにわかっている場合は、辞去する際にそのことを喪主に伝えて欠礼をお詫びしておきましょう。

ここに注意!

 喪主やご遺族の方から通夜振舞いの勧めが無いときは、黙って静かに辞去するのが礼儀です。勧められてもいないのに、通夜振舞いの席に身を置くことは失礼に当たるばかりでなく、マナーにも反しますのでくれぐれも間違いのないようにしましょう。


 通夜に出席するべきかどうか迷うとき

 故人とのおつきあいがそれほど深くもなく、かといって浅くもないといった関係だった場合、通夜に出席するべきかどうか迷うこともあると思います。

 一般的には、故人とのおつきあいがそれほど深くもなく、特に親しい間柄というわけでもない場合は、通夜には出席せず告別式にのみに出席すればよいとされています。

 もしどちらにすればよいのか迷うようなら、あらかじめ電話でご遺族、もしくは葬儀の世話役の方に通夜の日時を尋ねてみるといいでしょう。

 自分が通夜に出席するかどうかには触れずに、それとなく通夜の日時を尋ねてみてください。

 その電話のやりとりの中で、通夜への出席を勧められたなら、その勧めに従って通夜に出席し、もし、”内輪だけで……”ということであれば、そのお気持ちを察して通夜への出席は遠慮しておきましょう。

ここがポイント!

 喪主やご遺族の方から直接通夜の日時についての知らせを受けた場合は、通夜への出席を喪主やご遺族の方が望んでおられるということですので、それまでの故人とのおつきあいの深さに関わらず、通夜に出席するのがマナーです。

 また、喪主やご遺族から直接知らせを受けた場合でも、その知らせが告別式の日時のみだった場合は、告別式への出席のみを希望しておられると判断できますので、通夜への出席は控えて告別式にのみ出席しておきましょう。


 お悔やみの言葉と忌み言葉(いみことば)

 喪主やご遺族へのお悔やみは、できるだけ短く簡潔に故人の冥福を祈る気持ちを伝えましょう。

 その際、故人がお亡くなりになった経緯などについて、あれこれ尋ねたり詮索したりするのはとても失礼にあたります。たとえそれが心からの思いであっても、”礼儀知らず”と受けとられかねません。通夜や葬儀の場では、立ち入った話は差し控えておくのがマナーと心得ておきましょう。

 また、通夜や告別式など、葬儀の場では昔から”忌み言葉”あるいは、”重ね言葉”と呼ばれる、口にしてはならない言葉があります

 ”ますます”や”たびたび”、”くれぐれ(も)”など、繰り返すことを意味する言葉は、不幸が繰り返す、不幸が重なることに繋がるとして、昔から葬儀の場では口にしてはならないとされていますので覚えておきましょう。

ここがポイント!

 お悔やみの言葉は、普段口にする言葉ではないので、いざとなると緊張してしまうものですが、忌み言葉(重ね言葉)を使わないように気をつけてさえいれば、あまり難しく考える必要はありません。

 ことさら言葉を選ぶよりも、”このたびはまことにご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます”といった一般的なお悔やみの決まり文句を使うほうが、むしろ好ましいということも心に留めておきましょう。

葬儀・弔問関連用品リンク

楽天市場の弔電の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(女性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(男性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の不祝儀袋(香典袋)の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の慶弔両用の袱紗(ふくさ)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 * * * 


 当サイトでは、葬儀弔問のルールやマナー、いざというときにもあわてない、それぞれの状況に応じた振る舞い方や対処法を、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


葬儀と弔問のルールとマナー総合ページリンク

葬儀と弔問の基本的なルールとマナー


 弔問のルールとマナー 通夜に出席するときのルールとマナー
 葬儀・告別式参列のルールとマナー 葬儀・告別式会場でのルールとマナー
 弔問時の服装とマナー

香典のルールとマナー
 香典のルールとマナー 香典袋(不祝儀袋)のマナーと基礎知識
 香典に包む金額の目安と相場 香典に新札を避けるマナーとその理由
 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方 香典を袱紗(ふくさ)に包む意味と包み方
 香典を郵送する方法とマナー

スポンサーリンク


ケース別葬儀と弔問のルールとマナー


 仏式の葬儀の流れとマナー 葬儀費用の相場とその内訳
 訃報を受けたときにまずやるべきこと ご近所でのご不幸の対応とマナー
 お悔やみの言葉のマナーと忌み言葉 故人との対面を勧められたときの作法
 弔問の代理出席(代理弔問)とマナー 遠方の親戚の訃報、葬儀の出席に迷うとき
 危篤の知らせを受けたとき 弔電文例集
 通夜に参列する時の女性の服装とマナー 弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方


葬儀と弔問関連用品一覧
 紳士用礼服・喪服一覧 婦人用礼服・喪服一覧
 弔事用数珠・念珠一覧 慶弔両用袱紗(ふくさ)一覧


葬儀と弔問のルールとマナーのトップページへ

プライバシー・ポリシー

Copyright(C) 葬儀と弔問のルールとマナー All rights reserved.

inserted by FC2 system