弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方

葬儀の画像 葬儀の画像

葬儀の画像 葬儀の画像


●このページでは、弔辞を頼まれたときの対応と弔辞の書き方についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク


 弔辞を頼まれたら


 ●弔事は断らないのがマナー

 葬儀、告別式の中で故人に贈る言葉を弔辞(ちょうじ)といいます。弔辞は、故人に捧げるお別れの言葉でもありますので、ご遺族は故人の気持ちを推し量り”きっと、この人からの言葉を望んでいるだろう”と思う人に弔辞を依頼します。

 もしも弔辞の依頼がきたら、そうした遺族の思いを汲み取って、どうしても引き受けられない事情がある場合を別として、必ず引き受けるようにしましょう。

 引き受けた弔辞は、葬儀、告別式の日までに書き上げて持参します。そして読み上げた後は遺族に手渡しますので、それまで大切に扱いましょう。


 弔辞の書き方

 弔辞を書くときは、巻紙もしくは白い便せんに薄墨を使った毛筆、筆ペン、万年筆で丁寧に書いていきます。文字数はおよそ800文字〜1000文字を目安にまとめましょう。

 書く内容は、とくに決まりはありませんが、一般的に1.故人への呼びかけと訃報を聞いたときの悲しみ、2.故人との関係や思い出、3.故人の人柄や業績、感動したこと、4.遺族への言葉と故人への最後の言葉、という流れになっています。

ここがポイント!

 弔辞は故人への手向けの言葉ですので、あまり形式的な言葉遣いではなく、ふだん話していたときのような語りかけるような言葉と、故人との思い出を懐かしむような気持ちで書いてみましょう。

 ただし、あまり感傷的にならないこと、長くならないように1000文字くらいを目安にすることに注意をしてください。

葬儀・弔問関連用品リンク

楽天市場の弔電の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(女性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(男性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の不祝儀袋(香典袋)の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の慶弔両用の袱紗(ふくさ)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 * * * 


 当サイトでは、葬儀弔問のルールやマナー、いざというときにもあわてない、それぞれの状況に応じた振る舞い方や対処法を、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


葬儀と弔問のルールとマナー総合ページリンク

葬儀と弔問の基本的なルールとマナー


 弔問のルールとマナー 通夜に出席するときのルールとマナー
 葬儀・告別式参列のルールとマナー 葬儀・告別式会場でのルールとマナー
 弔問時の服装とマナー

香典のルールとマナー
 香典のルールとマナー 香典袋(不祝儀袋)のマナーと基礎知識
 香典に包む金額の目安と相場 香典に新札を避けるマナーとその理由
 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方 香典を袱紗(ふくさ)に包む意味と包み方
 香典を郵送する方法とマナー

スポンサーリンク


ケース別葬儀と弔問のルールとマナー


 仏式の葬儀の流れとマナー 葬儀費用の相場とその内訳
 訃報を受けたときにまずやるべきこと ご近所でのご不幸の対応とマナー
 お悔やみの言葉のマナーと忌み言葉 故人との対面を勧められたときの作法
 弔問の代理出席(代理弔問)とマナー 遠方の親戚の訃報、葬儀の出席に迷うとき
 危篤の知らせを受けたとき 弔電文例集
 通夜に参列する時の女性の服装とマナー 弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方


葬儀と弔問関連用品一覧
 紳士用礼服・喪服一覧 婦人用礼服・喪服一覧
 弔事用数珠・念珠一覧 慶弔両用袱紗(ふくさ)一覧


葬儀と弔問のルールとマナーのトップページへ

プライバシー・ポリシー

Copyright(C) 葬儀と弔問のルールとマナー All rights reserved.

inserted by FC2 system