葬儀・告別式参列のルールとマナー

葬儀の画像 葬儀の画像

葬儀の画像 葬儀の画像


●このページでは、葬儀・告別式に参列するときの、知っておきたいルールとマナーについてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク


 葬儀・告別式参列のルールとマナー


 一般に、葬儀は、遺族、近親者、特に親しかった友人知人たちだけで執り行われるのが通例ですが、告別式は、生前のおつきあいの深さにかかわりなく、ゆかりのある人たちが故人との最後の別れを告げる儀式として行われます。

 そのため、故人とのつきあいが浅い場合は、告別式にのみに参列すれば良いとされています。ただし、葬儀に参列する場合は、告別式にも参列するのがマナーです。

 葬儀に参列する場合は、開始時刻よりも早めに式場に到着し、席について開始を待ちます。特に席を指示されていない場合は、下座(しもざ)に着いて開始を待つのがマナーです。告別式にのみ参列する場合も、開始時刻までに式場に到着し、下座について開始を待ちます。

 ちなみに、席順には「上座(かみざ)」、「下座(しもざ)」というものがあります。上座・下座という考え方は、日本独特の室内マナーのひとつで、自分がどの位置に座るかによって、同席する方たちへの敬意やもてなしの気持ちを表します。

 基本的には「入り口から最も遠い席が上座で入り口に最も近い席が下座」です。とくに席が指定されている場合は指定された席に、そうでない場合は下座に座るのがマナーと心得ておきましょう。


 葬儀・告別式に参列するときの服装

 葬儀・告別式に参列する際には、遺族、近親者は正式な喪服を着用しますが、一般の参列者(弔問客)は、略式もしくは準喪服を着用します。もし急な事情で用意できないときには、黒を基本とした無地のスーツ、もしくは紺、グレーの無地のスーツでも良いとされています。

ここに注意!

 葬儀・告別式に参列するときは、アクセサリーなどの光り物の着用は控え、靴やバッグもエナメルのような光沢のあるものは避けるのがマナーと覚えておきましょう。

 さらに詳しい弔問時の服装とマナーについては、弔問時の服装とマナーのページをご覧ください。

葬儀・弔問関連用品リンク

楽天市場の弔電の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(女性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(男性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の不祝儀袋(香典袋)の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の慶弔両用の袱紗(ふくさ)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 * * * 


 当サイトでは、葬儀弔問のルールやマナー、いざというときにもあわてない、それぞれの状況に応じた振る舞い方や対処法を、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


葬儀と弔問のルールとマナー総合ページリンク

葬儀と弔問の基本的なルールとマナー


 弔問のルールとマナー 通夜に出席するときのルールとマナー
 葬儀・告別式参列のルールとマナー 葬儀・告別式会場でのルールとマナー
 弔問時の服装とマナー

香典のルールとマナー
 香典のルールとマナー 香典袋(不祝儀袋)のマナーと基礎知識
 香典に包む金額の目安と相場 香典に新札を避けるマナーとその理由
 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方 香典を袱紗(ふくさ)に包む意味と包み方
 香典を郵送する方法とマナー

スポンサーリンク


ケース別葬儀と弔問のルールとマナー


 仏式の葬儀の流れとマナー 葬儀費用の相場とその内訳
 訃報を受けたときにまずやるべきこと ご近所でのご不幸の対応とマナー
 お悔やみの言葉のマナーと忌み言葉 故人との対面を勧められたときの作法
 弔問の代理出席(代理弔問)とマナー 遠方の親戚の訃報、葬儀の出席に迷うとき
 危篤の知らせを受けたとき 弔電文例集
 通夜に参列する時の女性の服装とマナー 弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方


葬儀と弔問関連用品一覧
 紳士用礼服・喪服一覧 婦人用礼服・喪服一覧
 弔事用数珠・念珠一覧 慶弔両用袱紗(ふくさ)一覧


葬儀と弔問のルールとマナーのトップページへ

プライバシー・ポリシー

Copyright(C) 葬儀と弔問のルールとマナー All rights reserved.

inserted by FC2 system