通夜に参列する時の女性の服装とマナー

葬儀の画像 葬儀の画像

葬儀の画像 葬儀の画像


●このページでは、通夜に参列する時の女性の服装とマナーについてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。)


スポンサーリンク


 通夜に参列する時の女性の服装とマナー


 ●喪主・家族・親族は通夜から喪服(正式礼装)で

 喪主、家族、親族など亡くなられた方の近親者は、通夜、葬儀、告別式のいずれの場でも正式礼装で臨みます。

 女性の和装の正式礼装(喪服)

 女性の和装の正式礼装(喪服)には、黒の無地染め抜き五つ紋つきの着物に、黒の帯、帯揚げ、帯締め、バッグや草履も黒を用意します。

 ただし半襟と足袋だけは白で、家紋は実家もしくは婚家(こんか=嫁ぎ先)の紋(女紋)を入れます。

 バッグなどの小物は、できれば布製が望ましいですが、光沢の無いものであれば革製でも問題ありません。


 女性の洋装の正式礼装

 女性の洋装の正式礼装(喪服)は、伝統的なデザインの黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルで、襟元を詰めて手首が見えない袖の長いもの、スカートは、ひざが隠れるくらいにあわせます。

 素材に光沢のあるものや透ける素材のものは葬儀の場にふさわしくないので、避けておきましょう。

 アンサンブルの場合も同様に袖の長いものを選びます。ノースリーブは、葬儀の場にふさわしくないので避けておきましょう。

 化粧は、薄く控えめにします。かつては葬儀の場では口紅をつけないというしきたり(片化粧)もありましたが、現在では自然な色の口紅をさすのが一般的です。

 ただしアイメーク、マニキュアは避けておくほうが無難です。


ここに注意!

 葬儀の場では、アクセサリーは、基本的に身につけないのがマナーですが、結婚指輪と白、もしくは黒のパールなどの一連ネックレス、一粒のイヤリングのいずれか一方なら身に着けても良いとされています。

 バッグや靴も黒の布製、もしくはつや消しであれば革製でもかまいません。

 香水も葬儀の場にふさわしくないので避けるべきですが、どうしても使いたいときは、香りの穏やかなものをひざの裏や足首の内側などの、匂いが目立たない場所に少しだけつけます。


 友人、知人、隣人としての参列は略礼装で

 亡くなられた方の友人、知人、隣人など、近親者以外の立場で通夜に参列する場合は、地味な平服もしくは、準礼装、略礼装を着用します。

 一般に良く知られているように、通夜の場に喪服(正式礼装)で参列するのは、あらかじめ用意していたような印象があり失礼にあたることから、できるだけ地味な平服でというのがこれまでの考え方でした。

 それが近年では、やはり亡くなられた方の追悼に伺うのに平服ではかえって失礼だとする意見も多くあるようです。

 そうしたこともあって、それぞれの地域のしきたりや慣習なども考慮したうえで、用意できるのであれば、通夜の場でも準礼装、略礼装の喪服のほうが望ましいと考えたほうがいいかもしれません。もしその土地のしきたりに詳しい相談できる人がいるなら、その意見に従うのもよい方法です。

 ちなみに、社葬などのように通夜までに数日の余裕がある場合は、正式礼装が基本です。会社の規則や慣習などを事前に確認するか、上司の指示従って対処してください。

 通夜での女性の準礼装

 通夜に一般の弔問客として参列する場合は、装飾を抑えた地味な黒のものであれば準礼装として着用することができます。その場合、ストッキングは黒、もしくはベージュ(肌色)を選んでおきましょう。

 基本的に化粧は薄く控えめにして、アクセサリーや香水は着けないのが葬儀の場でのマナーです。ただし、結婚指輪と白、もしくは黒のパールなどの一連ネックレス、一粒のイヤリングのいずれか一方なら身に着けることができます。どうしても香水を使いたい場合は、ひざの裏や足首の内側などに、控えめな香りのものを選んで使ってください。


 通夜での女性の和装略礼装

 通夜に参列する時の女性の和装の略礼装は、黒もしくは地味な色の無地の一つ紋か三つ紋の和服に、黒の帯、黒の小物(バッグなど)を合わせます。バッグや草履は用意できれば布製が望ましいのですが、光沢の無いものであれば革製でも使うことができます。半襟と足袋は正式礼装と同様に白にします。


通夜での女性の洋装略礼装

 通夜に参列する時の女性の洋装では、レース地などの透けるデザインのものや華美な装飾の無いものであれば、黒のブラウスとスカートでも略礼装として着用できます。

 この場合も、ストッキングは黒、もしくはベージュ(肌色)。アクセサリーや香水は控えるのがマナーですが、結婚指輪と白、もしくは黒のパールなどの一連ネックレス、一粒のイヤリングのいずれか一方なら身に着けることができます。

 香水も本来葬儀では避けるのがマナーですが、どうしても使いたいときは、香りの穏やかなものをひざの裏や足首の内側などの、匂いの目立たない場所につけておきましょう。


 お付き合いの浅い隣人、知人なら略礼服か平服で

 亡くなられた方とお付き合いが浅い場合や、近所の顔見知り程度の場合、飾りを抑えた地味なものあれば平服でも問題はありません。ただし、その場合もお化粧や香水、アクセサリーは控えめにしておきましょう。

 もし用意できるのであれば、和装なら地味な無地の紋付きの着物、なければ普段着の着物に黒い帯を合わせたものでも失礼にはなりません。洋装は、派手な色や飾りの無い地味で清楚なものであれば、平服でもかまいません。

葬儀・弔問関連用品リンク

楽天市場の弔電の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(女性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の喪服・礼服(男性用)一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の不祝儀袋(香典袋)の一覧は、こちらからご覧いただけます。

楽天市場の慶弔両用の袱紗(ふくさ)の一覧は、こちらからご覧いただけます。


スポンサーリンク


 * * * 


 当サイトでは、葬儀弔問のルールやマナー、いざというときにもあわてない、それぞれの状況に応じた振る舞い方や対処法を、わかりやすくご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク


葬儀と弔問のルールとマナー総合ページリンク

葬儀と弔問の基本的なルールとマナー


 弔問のルールとマナー 通夜に出席するときのルールとマナー
 葬儀・告別式参列のルールとマナー 葬儀・告別式会場でのルールとマナー
 弔問時の服装とマナー

香典のルールとマナー
 香典のルールとマナー 香典袋(不祝儀袋)のマナーと基礎知識
 香典に包む金額の目安と相場 香典に新札を避けるマナーとその理由
 香典袋(不祝儀袋)の表書きの書き方 香典を袱紗(ふくさ)に包む意味と包み方
 香典を郵送する方法とマナー

スポンサーリンク


ケース別葬儀と弔問のルールとマナー


 仏式の葬儀の流れとマナー 葬儀費用の相場とその内訳
 訃報を受けたときにまずやるべきこと ご近所でのご不幸の対応とマナー
 お悔やみの言葉のマナーと忌み言葉 故人との対面を勧められたときの作法
 弔問の代理出席(代理弔問)とマナー 遠方の親戚の訃報、葬儀の出席に迷うとき
 危篤の知らせを受けたとき 弔電文例集
 通夜に参列する時の女性の服装とマナー 弔辞を頼まれたとき〜弔辞の書き方


葬儀と弔問関連用品一覧
 紳士用礼服・喪服一覧 婦人用礼服・喪服一覧
 弔事用数珠・念珠一覧 慶弔両用袱紗(ふくさ)一覧


葬儀と弔問のルールとマナーのトップページへ

プライバシー・ポリシー

Copyright(C) 葬儀と弔問のルールとマナー All rights reserved.

inserted by FC2 system